記事

あれもこれもやりたい病

無料レポートを読んでいると思うことがあると思います。あれも、これもやりたい!あれもこれも読みたい!という衝動ですね。株もやりたきゃ、アフィリエイトもやりたい!メルマガやりたきゃ、ブログもやりたい!全部を、結果がでるレベルまでできるならばそれはそれでいいでしょう。しかし、結果がでるレベルまでもっていくのは、何でも、たいへんです。ですので、無料レポートにふれる機会が多い人はとくに、あれもこれも病にかかります。これは、しかたないと思います。そこで、前もって、心積もりをもっておいて、やりたくても、我慢する。流すことが大事と、心で意識しておくことですね。その得た知識というのは、決して無駄にはなりません。一時期、脳の中に、インプットしておけば、それは、組み合わさっていろんな形で表にでてきますので。ですので、無料レポートを読むときの、注意点、害とまではいいませんが、無料レポートを読む際の注意点として、心においていないと、いけません。
●タグ● 無料レポート
記事

無料レポートを効果的に使う(前回の続き)

無料レポートを効果的に使うには、競合を調べるのが、てっとりばやい。(うまくいっている競合のまねをすればいいですね)。すべてをまねするのではなく、これはできるな!と思ったら、その部分をまねすればいいですね。まねができる部分からまねをしていく。非常に重要ですね。時間は有限ですので、たくさんのことを、捨てられる人が強いわけです。無料レポートにおいても、これはいえますね。合格ライン以上をすべてにおいて、発揮できるならば、すべて、複数をやればいいですが、すべてが合格ラインに達しないよりは、1つを合格ラインにたっせる必要があるわけです。無料レポートしかりということになります。
●タグ● 無料レポート
記事

なぜ、読者が増えているか?(無料レポートにて)

無料レポートを使ってなぜ?読者が増えているのか?そのおおざっぱな理由のひとつとして、告知されている数が多いことが条件になります。では、どこで告知しているのか?などが、問題になりますね。告知場所なども、左右しますし、どのようにして、みんなに見せているのか?というのも、ポイントになります。ですので、無料レポートをどのように、どこで見せているのか?を、調べます。で、インターネットは、便利なことに「検索」をすることができます。無料レポートの名前や無料レポートの発行者の名前などで検索してみましょう。ヒントがたくさん得られると思います。
記事

効果的に無料レポートを使う

競合チェックの際に、無料レポートの読者数が、多い人も、参考になりますが、その人たちは、広告もたいてい使ってますので、読者数が多くなります。そのため、かならずしも、あなたが利用できる無料レポートの使い方ではない場合があります。であ、あなたが使えそうな無料レポート利用方法をしている人は、どこにいるのでしょうか?それは、読者増加率が高い人ですね。しかも、全体の読者数はそんなに多くない人。そのようなメールマガジンをチェックするのも、まぐまぐでできますね。読者増ランキングをチェックします。かたっぱしから読者登録しましょう。で、無料レポートを紹介していたり、発行しているか?どうか?をチェックします。
で、その無料レポートの名前で、検索エンジンで検索してみたりします。すると、どこかのサイトで紹介していたりするかも知れません。また、mixi内で検索してみても、ひっかかるかも知れません。
●タグ● 無料レポート
記事

無料レポートを効果的に使っている人の目安

無料レポートを書く際には、効果的に使いたい。では、効果的に使っている人を探して、何をしているか?を見てみたい。というときに、どうやって探せばいいか?それは、メールマガジンの発行部数が多い人を探すという手があります。独自配信ですと、配信部数がわかりませんし、ウソもかけてしまいますので、まぐまぐがいいでしょう。まぐまぐの上位の方をかたっぱしから、購読してみて、そこで無料レポートを配信している人をチェックしてみます。なぜ、これが有効なのか?といいますと、無料レポートは、基本的に、メールアドレスと引き換えに、無料レポートを渡すという方法で使われています。ということは、メールマガジンの読者数が多いということは、無料レポートの使い方がうまいから増えたんだろうと予測できます。ただ、ここで、少し注意
●タグ● 無料レポート
記事

無料レポートを使うには

では、無料レポートを使うには、どうしたらいいのか?無料レポートを使う場合に、どのように使えるのか?は、無料レポートを発行している人が、何をしているのか?を見るといいと思います。ただ、有効的に使えている人は、かなり少なくみえるので、無料レポートの使い方を調べるときに、競合を研究するのであれば、無料レポートを効率的に使えてそうな人を、探す必要があります。これは、詳しい人がいれば、その人から聞いてしまえれば、いいんですが、そういった人がいない場合は、無料レポートをより効果的に使っている人を探すには、メールマガジンがたくさんある人を探すという手があります。
●タグ● 無料レポート
記事

無料レポートを効果的に使う

無料レポートをせっかく書くのであれば、やはり、効果的に使いたい。無料レポートの先には、お金を得たい!という気持ちの人が多いと思います。そこで、お金を得るためには、どのようにすれば、いいのか?ゴールから逆算して、では、自分が今、書こうとしている無料レポートは、どの位置に、どうセットすればいいのか?を考えます。ここで、ざっと考えたあとは、完璧を目指さずに、行動する必要があります。文章は、完璧を目指すと特に、にぶります。表現とか、人間関係とか、もそうですね。デジタル的なものであれば、ファミコンのゲーム的なものであれば、また、学校の試験的なものであれば、完璧を目指せば、完璧に近づきやすいですが、そういった人工的なものでない場合はとくに、完璧を目指したからといって、完璧に近づいてるとも限らないからですね。話が大きくなりましたが、それは、無料レポートについても同じです。
●タグ● 無料レポート
記事

無料レポート

無料レポートを書くという方もいらっしゃると思いますが、無料レポートを書く際には、なぜ無料レポートを書くのか?というのを、考える必要があります。っと、ただ、はじめて、無料レポートを書いてみよっかなぁっていうときは、はじめて、1歩を踏み出すときは、特に、考えるという行為が、行動を妨げやすいです。ただでさえ、はじめてのことをするのは、ハードルがあるのに、そこにあれこれ考えていると、手足がにぶります。ですので、無料レポートを書きたい!買いてみたい!と思ったら、まずは、書いちゃうのが、いいと思います。で、1つ、2つくらい書いたら、次に、せっかく書く無料レポートですから、有益に使いたいということで、「なぜ、無料レポートを書くのか?」を考えなおすと、より効果的になります。
記事

無料レポートをかたっぱしから読む

無料レポートをかたっぱしから読むのに、無料レポートは、もうたっくさんありますから、すべての無料レポートを読んでいては、一日中時間がかかります。そこで、無料レポートを厳選しているサイトから、まず無料レポートを読むわけですが、その際に注意点として、必ずしも、公正に選んでない場合があることを、意識しておいた方がいいですね。また、インターネット上の情報は、どうしても、枠組みがかわっていくので、情報自体の鮮度が大事です。ですので、その無料レポートがでた当時は、有益でも、今は、逆に、害になる場合さえあります。SEO系の場合は、特にそうですね。ですので、要注意です。ただ、無料レポートは、いわずもがな、無料ですし、有益でもありますので、そのことを念頭において、自分の頭の中で、情報の取捨選択を、考えることができれば、大丈夫です。
●タグ● 無料レポート
記事

無料レポートを選んで読む

無料レポートをかたっぱしから、読むというのも、いいかと思いますが、まず、やってみると、残念ながら、あまりよくない無料レポートの方が多く感じるかも知れません。また、はじめから、ある程度の知識、実践がある方にとっては、ほとんどの無料レポートは、特に読む必要がないでしょう。ですので、よい無料レポートだけを読みたいですよね。そのために、無料レポートを選んで紹介しているところのものを、まず、かたっぱしから読んでみるというのがいいと思います。
●タグ● 無料レポート
コンテントの下

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。